味香り一番ごま屋 タクセイ | ごまの雑学 - 胡麻の栄養成分

ホーム 胡麻の雑学 ゴマレシピ ごまのcatalogue 会社概要 サイトマップ リンク お問い合せ

ホーム > 胡麻の雑学(胡麻のあれこれ)

 

●胡麻のあれこれ ●胡麻の栄養成分 ●各国での胡麻の使い方

ごまの栄養成分
胡麻と栄養成分を比較してみました。

エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
ナトリウム
(mg)
カルシウム
(mg)

(mg)
食物繊維
(g)
いりごま 599 20.3 54.2 2 1,200 9.9 12.6
大豆 417 35.3 19.0 1 240 9.4 17.1
さつまいも 132 1.2 0.2 4 25 0.7 2.3
牛乳 67 3.3 3.8 41 110 - -
ほうれん草 20 2.2 0.4 16 49 2.0 2.8
五訂日本食品標準成分表による(可食部100gあたり)

胡麻の主成分は脂質で約50%あり、約20%はたんぱく質です。これをみるだけでは胡麻はかなりカロリーの高い食品といえます。しかし、胡麻はそれだけで100gも食べられません。料理に使用する量は、およそ大さじ1〜2杯程度です。大さじ1杯が約6gですから、一度に摂取する量は約10g程度でしょうか。しかも、胡麻の脂質にはオレイン酸が多く含まれています。胡麻はカルシウムを多く含んでいます。この表から見ても、牛乳の10倍です。胡麻を10g食べる量と、牛乳100gがほぼ同じカルシウム量ですから、その点でも胡麻は優れているといえます。
胡麻たんぱく質のアミノ酸は、メチオニン、アルギニンやトリプトファンが多いのが特徴です。良質のたんぱく質といえるでしょう。しかし、リジンがやや少ないので、それを多く含む大豆と一緒に摂取すると、さらに良いたんぱく質となります。

 

●胡麻のあれこれ ●胡麻の栄養成分 ●各国での胡麻の使い方